過払い金請求を自分でやる場合は

###Site Name###

払い過ぎていたお金を取り戻す過払い金請求は、弁護士や司法書士に依頼して行うのが一般的ですが、じつは法律の専門家でなくてもおこなうことができます。
自分で過払い金請求をする場合は、まず金融機関から取引履歴を取り寄せることから始まります。

次にその取引履歴をもとにして、利息の引き直し計算をおこないます。

この引き直し計算は過払い金計算ソフトがネット上でダウンロードできますので、そちらを利用すると簡単におこなえます。

引き直し計算が終了し、過払い金の額が確定したら、過払い金請求書を作成し金融業者へ送付します。

この書類のテンプレートもネット上でダウンロードすることが可能です。

最近のwikipedia情報を厳選して紹介しています。

書類が金融業者へ届けば本格的な交渉の始まりです。

電話などで業者が和解金を提示してきますので、その額に満足するのであれば和解が成立し、和解金を手に入れることになりますが、もし不満がある場合は裁判所の訴訟を提起することになります。このように弁護士などに依頼しなくても基本的には自分で手続きをすることができますが、法律や金融の素人では業者と対等に渡り合うのは難しいかもしれません。

レイクの過払いの有益な情報をお届けします。

和解金も想定していたよりも低い金額になることも多々あります。

また和解交渉が決裂して訴訟まで進んでしまうと、さらに煩雑な手続きが必要になり、素人の手には負えない事態にもなりかねません。

法律や金融の知識に乏しい人は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼したほうが間違いないでしょう。