無線LANの周波数帯の比較

無線LANには国際的な通信規格であるIEEE802.11というものがあります。

どんなWiFiルーターもこの通信規格に準拠しているので、説明書やカタログなどでIEEE802.11という文字を見かけることでしょう。この通信規格は古くからあり、どんどん改良されています。11b・11g・11a・11n・11acという規格があり、さらに11ad・11axといったものもあります。

これらの規格では、使用する周波数帯というものが存在します。一般的には2.4GHzと5GHzが使用されます。11b・11gが2.4GHzを使用し、11a・11acが5GHzを使用することになっています。11n・11axは両方の周波数帯が使用可能です。11adだけ60GHzという特殊な周波数帯を使用します。

無線LANの周波数帯にはそれぞれ特徴があるので比較してみます。2.4GHzは壁や天井などの障害物に強く、離れた場所でも比較的通信が安定します。しかし、2.4GHzを使用する電子機器は意外と多く、それらの使用状況により、電波干渉を受けやすいです。そのため、通信が不安定になったり、通信速度が低下するなどの影響が出ます。5GHzは電子機器と電波干渉することなく、安定した通信が望めます。ただ、比較的障害物には弱く、2.4GHzより通信距離が短いデメリットがあります。60GHzを使用する使用する電子機器は無線LAN以外ではほぼなく、電波干渉の可能性はほとんどありません。一方、他の周波数帯よりさらに障害物に弱く、通信距離も短いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *