無線LAN機器導入にあたっての適切な比較法とは

無線LANを導入しようとする場合は、方式や最近の傾向などを調べてそれらを比較し検討することによって、適切かつ安価にシステムの構築が可能になります。

規模の大きな建築物や建物の構造が鉄骨や鉄筋コンクリート造であると、信号を伝える電磁波が電磁遮蔽により建物内を透過できなかったり、隅々まで到達できない現象が発生します。

中継器やアクセスポイントを設置すると対象とする部屋まで信号を到達させることができるので、安定して送受信をすることが可能です。この際、機器判別用に機器に設定されるSSIDなどをそれぞれの機器に個別に割り振ってしまうと、機器とつながったモバイルデバイスを移動させる際に移動先の強い電波の機器との接続がなされなくなって、十分な速度が出なくなります。

すべての機器のSSIDなどの設定を同一としておけば、接続の切り替えを滞りなく行うことができます。無線LAN導入での比較方法には無線の暗号化があります。有線と異なり無線では通信傍受を避けなくてはなりません。暗号の方法にはWEPやWPAやWPA2などがあり、比較的に容易に暗号解読ができてしまうWEPは用いずに、セキュリティの高いWPAやWPA2など選ぶべきです。他の比較方法では電波の周波数帯域があって、2.4GHzと5GHzの二つの周波数帯域があります。先行して市場に導入されたのは2.4GHzを用いた機器であり、安価なことが特徴ですがマンションや集合住宅などで同時に多くに機材を使用すると、混信や干渉が起こってしまい安定した送受信をすることができません。後発規格の5GHzを用いた無線LAN機器ならば周波数の帯域に余裕があって、速度低下や切断の心配がなく安定して通信を行えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *