無線LANを比較する際に注意するポイント

無線LANの機器を選ぶ場合には、その性能を比較して最適なものに絞り込む必要があります。

その際に最も気を付けるべき点は、通信の速度と距離です。無線LANにはいくつもの規格があり、新しい方が特に速度に優れている特徴があります。そして周波数は5GHzと2.4GHzの2通りが主流で、早さがあるのが5GHzで遠くまで通信できるのが2.4GHzです。規格によってはこのどちらかに固定されているものもあれば、切り替え機能が搭載されたタイプもあります。自分がどれくらいの距離で使用するのかによって合わせることが大切です。

デスクトップパソコンなどで移動を伴わなければ5GHz、一軒家全てで通信する場合は2.4GHzといった具合です。ただ、比較をして最も性能の良い製品を選べば良いというわけではありません。特に新しい無線LANだと、端末側が対応していない可能性があるからです。

そのため対応させるためにコネクタを導入するなど、無駄な出費に繋がりかねません。したがってあらかじめ無線LANの性能を長期的に見ながら、端末側を購入する時からお互いの相性を考える必要があります。また無線LANはパスワードとIDがわかれば誰にでもアクセスが可能なので、セキュリティ面にも注意しなければなりません。認証と暗証の両方に複数の種類があり、性能や価格が異なります。重要なのは不正なアクセスを防ぐことなので、通信速度と同じように環境と比較しながら選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *