無線LANの比較で最適なインターネットの利用を

インターネットの普及によって私たちの生活はより便利となりました。

通信に関するインフラを通してメールの送受信を行っていた黎明期から始まり、eコマースと呼ばれる電子商取り引きや金融機関での入出金や振込み、放送との融合や動画配信など幅広い進化を遂げました。

水や空気や電気などと同様に、今や無くてはならない存在にまでなりました。屋外でインターネットを利用する際はスマートホンやタブレット端末を、携帯電話会社が提供する4Gネットワークにつなぎます。家庭や企業では、光ファイバーからの信号を光モデムで受信し、ブロードバンドルーターやハブを介したLANでパソコンやスマートホンに供給します。

デスクトップパソコンであれば有線LANで、ノート型やスマートホンやタブレットでは無線で接続する事例が多いです。無線LANの方式にはさまざまなものがあって、電波の周波数によって分ける方法と伝送方式や暗号方式で分ける方法とがあります。これらを比較して選択することで導入に最適な方式が見えてきます。無線LANで用いられる電波の周波数には2.4GHzと5GHzとがあり、混信しにくいのは5GHzが長距離の伝送や壁などの通過には不向きであり2.4GHzの方が向いています。しかし比較的早くから販売されてきた2.4GHz帯域の機器は、密接した環境下で混信が発生指定速度低下を起こします。伝送方式であるIEEE802.11規格には、11nや11acなどの規格に加えてWiFi6と呼ばれる最新仕様の製品も出回るようになりました。動画などの大容量ファイルには比較的新しい規格の方式が適しています。暗号方式にはWEPやWPAなどがありますが、簡単に傍受されてしまうWEP以外の方式が適切です。無線LANは方式の比較によって導入に最適なものを選択することで、高速で安定した通信を安全に利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *