Skip to content

デジタコ設置の義務化が進んでいます

デジタコの設置の義務化が進んでおり、設置することで車両の走行距離をデータ化し、走行距離や速度、時間などを把握することが可能になります。デジタコの義務化は、道路の安全確保を目的としています。7トン以上8トン未満のトラックでの死亡事故や重傷事故などの発生率が横ばいとなっており、改善が必要とされています。国土交通省により事業用貨物自動車は、安全対策のため事業者に対して運行管理の徹底を求めました。

これによりデジタコの義務化が進められ、平成26年12月1日から総重量7トンで最大積載量4トンの事業用トラックにも装着が必要になっています。導入が義務化された理由は、ドライバーの時間外勤務や長時間の拘束などの問題があったためです。通信販売の市場が拡大し、トラックでの運送は常に稼働している状態で、ドライバーには重労働となっているだけではなく、人手不足などにより連勤しているケースもあり、運転中に事故を起こすリスクが高くなっています。デジタコを設置して常備することが重要ですが、不備が認められた安倍には、運行記録系不備となり違法行為となってしまいます。

記録するSDカードが搭載されていなかったり、時間がずれていた場合なども処罰の対象となるので注意が必要です。義務化されているのは7トン以上8トン未満のトラックや、総重量7トン最大積載量4トンの事業用トラックなど、事故が多く発生している大きい積載重量の車両ですが、長時間労働などを軽減すなど業務の効率化や問題改善にも有効な方法のひとつと考えられるため、対象になっていない車両にも設置すると良いでしょう。デジタコの義務化のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です