Skip to content

義務化されたデジタコの導入を検討中ならば

運送業界やタクシー業界に所属しているような人であれば、義務化されたタコグラフについての知識はあるかもしれません。これは速度などといった運転をどのように行っているかということを記録する計器のひとつです。最近ではこれが事故防止に役立つとして、国土交通省が様々なトラックなどに設置を義務付けるように義務化が進んできています。しかしながら事故が減るという目的だけではなくて、最近はとても利便性の高いタコグラフが登場していると言ったことも裏の目的としてあるでしょう。

実際昔であればデジタコではなくアナログタイプのタコグラフしかなく、記録されているものをいちいち書き写さなければいけないなどといった形で人手などが必要になってしまうといった点で、全てのトラックなどに導入することは現実的ではありませんでした。最近ではパソコンが発達したことによって、義務化されたデジタルタイプのデジタコが登場するようになっています。デジタコはデジタルタイプなので、すぐに読み取りやすい形でデータがパソコン上に記録されていくといった点で大きなメリットがありますし、アナログタイプでは記録しきれなかった急発進や急ブレーキハンドルさばき等と言ったよーそこまで細かく記録できるメリットもあります。またパソコンが得意なクラウドと連携することによって、いつでもどこでもスマホやタブレットなどモバイル機器を利用することで運行状況がチェックできるようにはなっているのです。

デジタコの義務化のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です