Skip to content

デジタコの義務化は拡大している

デジタコは、トラックやバスなどの運行記録を残すものです。デジタコの義務化は進んでおり、2トン車や事業用として登録されていない車両以外は義務化されています。だんだんと義務化の範囲が広がってきた経緯があるので、いずれは現在はデジタコを搭載する必要がない車両であっても、搭載しなければならなくなる可能性はあります。国も、今後は高性能な機器を推進していく動きとなっており、アルコールチェッカーと連動させることや免許証を利用した運転管理が行えるようにするといったことを検討していますので、やはり今後は搭載する機器の性能面も条件が変わってくる可能性があるでしょう。

デジタコは製品によって機能が大きく異なり、シンプルなタイプから高性能タイプまでいろいろあります。高性能のタイプは高いので、ある程度大きな事業者でないと導入は難しいケースもありますが、中にはリーズナブルな料金でそれなりに機能が充実しているタイプも販売されています。これまで使ったことがなかった年齢を重ねている方でも使いやすいタイプもあります。ワンタッチでボタンを押すだけで記録をすることができるタイプはその一例です。

年を取ってから新しいことを覚えるのは大変ですが、こうしたシンプルな製品であれば使いこなすことも難しくないので、利用する人のことも考えて選ぶのが良いでしょう。今後も様々な申請費が登場していくと予測されるので、最新の情報はチェックしておいた方が良いです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です