Skip to content

義務化されたデジタコは生産性アップのために重要

最近は運送業界やタクシー業界になると注目されているのが、タコグラフです。注目されるようになった背景は国土交通省が中型トラック以上の車に全て設置を義務付けるようになったため。交通事故などが年々増えてきているということを心配した国土交通省が、そのように指示するようになりました。走り方やどのような運転をしているか等と言ったことを、克明に記録する計器のひとつですが、かつてはアナログタイプしかなかったものが最近はデジタルタイプなどのものが義務化で誕生してきているため、その機能性の高さによって、逆に生産性がかなりアップしたというような声もよく聞きます。

確かにアナログタイプであるとグラフをしっかりと読み取れるだけの知識や経験などがとても大事になってくるの理由ですが、デジタコはそういったものが必要なく、すぐにパソコン上で誰でも読み取れるような形で記録されるようになって行きます。日誌などに書き写すなどといった労力や手間などもかからず、人ひとり分の活躍をしてくれるということはまず間違いありません。確かにデジタコの導入の際にかなり費用がかかってしまうということが心配な方もいらっしゃるかもしれません。デジタコの相場としては15万円程度ですが、義務化されたとはいえ機能など抑えれば5万円程度からあるので、しっかりとそういったものを導入していきましょう。

最近は義務化に伴って助成金などを支給するなどといった発表もありますので、インターネットなどで、よくその点についてもチェックしておくことが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です