Skip to content

企業がデジタコの義務化に対応する場合のポイント

対象となるトラックの範囲が広がる中で、トラックを保有している企業の関係者はデジタコの購入について真剣に考えています。特に保有するトラックの台数が多い運送会社などは、義務化に伴う設備投資の金額が膨大になります。一方で義務化に伴って車両にデジタコを設置すると、運行管理なども今までよりも容易になります。したがってコスト削減にも役立つので、購入金額が大きくてもデジタコを新規導入するメリットは大きいです。

販売と設置の実績が豊富な会社に相談するのが、義務化に伴って個別の企業に最適なデジタコを導入するための基本です。初期費用を節約したいときには、最安値の製品を選ぶ方法もあります。また事前に価格に加えて機能についても調べると、安全運転や業務の効率化にも役立つ製品を選べます。ドライバーが仕事中に操作することもあるので、デジタコを選ぶときには画面の見やすさにも注目するべきです。

またクラウド型の解析システムがある製品を選ぶと、個別のドライバーの運転状況も的確に把握できます。そして運行データを参考にして社員教育を行うと、交通事故なども未然に防げるようになります。省エネ管理機能が充実した機種を選ぶと、個別のドライバーの急発進などの癖を把握できるようになります。そして運行管理の責任者がドライバーに個別に指導を行うことで、燃費も大幅に良くすることができます。

データ集約機能が付いた機種を選ぶと、複数のトラックの管理も円滑に行えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です