Skip to content

デジタコの義務化への心得

デジタコは何だかわかりますか。デジタルタコグラフの略です。デジタルタコグラフというのは、運送会社で燃料やスピードの出しすぎなどを管理するチャート紙というものを、昔は使用していました。簡単に言うとタイムカードみたいなものです。

しかし今ではデジタルタコグラフは、会社に大きな利益をもたらしています。なぜならば、燃料は高い現在では1リットルあたりの走行距離を少しでも伸ばせば、大きな利益につながっているからです。このころはまだ義務化という言葉はありませんでした。それほどまで復旧が進んでいなかったからです。

まだこのころは燃料単価も安かった時代なのであまり、気にしていなかった会社が多かったのですが、今では燃料単価が30%ぐらい上がったので、利益を伸ばそうと考える会社が多くなりました。会社は利益を出すために、このデジタコを積極的に使うようになった訳です。車は走れば二酸化炭素が出ます。今は、環境汚染が問題になっている中でデジタルタコグラフを使うことで、環境問題を少しでも解決しようとしています。

会社は利益を考え、国は環境汚染を考えています。デジタコをつけることで会社にも国にもどちらにもメリットがあるということになります。デジタコ搭載の義務化が進んできましたが、これから義務化させようという国の考えは、遅かったのではないでしょうか。そこまで環境汚染は深刻な問題になっているのを忘れてはいけません。

一人一人が頭に入れて、問題の取り組みに耳を傾けましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です