Skip to content

デジタコグラフの義務化に向けて

デジタコというのは、デジタルタコグラフの略です。デジタルタコグラフは運送会社でよく使われています。会社で速度管理や急ブレーキ、燃費を抑えるための道具です。デジタコはGPSもついていて、パソコンでどこにいるか位置を特定することもできます。

法律で義務化されるということは、どこの会社でも使用しなくてはいけなくなります。運転手には自由がきかなく、首輪をつけられた感じにはなりますが、安全のために必要なことなのではないでしょうか。デジタコは、15年ぐらい前からあり最近になって目立つようになりました。昔は円上の紙を入れて中の針が動きスピードなどの管理をしていました。

昔からあるデジタルタコグラフですが最近になって、義務化されるということは遅いような気がしました。最近ではよく聞く温暖化の減少を抑えるためにも、デジタルタコグラフの復旧は大事です。これからも地球を大事にしていかなければ地球に住むことが出来なくなってしまいます。地球汚染に結びつくような物は早めに義務化した方がいいと思います。

今では燃料の単価も上がっています。燃料単価が上がっているということは、石油自体も上がっています。タイヤなども安くはありません。急ブレーキや急発進などをしないだけでもタイヤの減りは変わってきます。

そういったような節約も大事なのです。運転手には安い賃金しか払われず大変ではありますが、一人一人が苦難を乗り越えて、地球のために努力をしていかなくてはいけません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です