Skip to content

クラウドで情報を管理できるデジタコの魅力

デジタコは、タコグラフをデジタルにしたものです。従来までも、走行記録を付けることができるものは用意されていました。これをタコグラフといいますが、アナログ式のタコグラフには看過できないいくつかの問題点があったのも事実です。まず、記録を行う上でチャート紙というアナログな形式を利用しなくてはいけない点です。

チャート紙を利用した方法だと、一度そこに記録してからコンピュータなどのデバイスに再度情報を整理しなくてはいけません。また、ドライバーからの提出を義務付けないと記録を付けていくことができないという難点もありました。ドライバーがチャート紙を提出してくれないと、走行記録を手に入れられなかったので、面倒な点があったわけです。こういった問題点を解決したのが、クラウドを利用したデジタコです。

クラウドのデジタコは、ネットワークを通して直接的に情報をサーバーに保存できる利点があります。例えば、アナログ式の場合はバックアップのためのデータも一緒に保管しておかなくてはいけませんが、クラウド式のデジタコの場合はデータがそこに保存されることになるため、バックアップを取る必要がありません。仮に、会社で利用しているコンピュータが壊れてしまったとしても、そのハードディスク内に情報が保管されているわけではありませんので、別のコンピュータを利用することですぐにデータを共有できます。セキュリティ面を考慮しても使いやすいので、人気を集めています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です