Skip to content

便利なクラウド型のデジタコ

デジタコはデジタルタコグラフのことで、自動車の運転中の速度や走行時間・距離などを記録することができるデジタル式の運行記録計です。アナログ式のタコグラフは現在でも使われていますが、主流であるのはデータをメモリーカードなどに記録できるデジタル式の機器です。しかしこれらだけでなく、近年登場しているのがクラウド型のデジタコで、これはさらに便利な魅力がある装置となっています。クラウド型のデジタコは一般的なデジタルタコグラフと比較すると、まだ価格は高い傾向があります。

しかしそれだけの機能がありそれまでのデジタルタコグラフとは違った活用の仕方が出来るのが魅力です。それまでの運行記録計と大きく違う点は、リアルタイムで情報を得ることができるというところにあります。アナログ式のものであれ、メモリーカードを使うデジタル式のものであれ、記録した紙やカードの実物を介さなくてはデータを見ることができませんでした。しかしクラウド型のデジタコの場合は物でやり取りをする必要がなく、インターネットでリアルタイムの情報を確認をすることができるのです。

そのため安全運転ができていないドライバーに対して、その場で知らせることができるため交通事故を防ぐために役立ちます。また空いている車両を活用して忙しい部署に回しやすくなります。急な予定が入ったときでも配車がスムーズにできるという点も、リアルタイムで情報が知れるクラウド型のデジタコならではのメリットです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です