Skip to content

クラウド化されたデジタコの特徴

近年ではデジタコのクラウド化も進んでいて、データをオンライン上で保管しWEBから必要なときに使えるものです。これにすると車両走行中に記録した位置情報、稼働状況が組み込まれた通信モジュールを通ってインターネットで蓄積しいつでも確認が出来て便利です。他の人に見られることなく、IDやパスワードを設定しておけば社内の担当者だけが閲覧できます。ソフトなどのダウンロードもなく、インターネット環境があれば導入してからすぐに使えます。

クラウドではないカード型のデジタコだと、記録された走行中のデータはSDカードなどのメモリーカードに保存して車両がかえってきてからパソコンへ接続し、専用ソフトを使い確認するタイプになります。これだと運行管理者がドライバーに対しリアルタイムで指導や安全管理が行えませんでした。これを解決するために導入するところも増えてます。クラウド化のデジタコだとリアルタイムで車両の維持情報が更新できるのが特徴で、カード型だと毎日、終業のときに確認するしかない運行記録も、その場ですぐに確認して指示を出せます。

今、どの車両がどの位置を走っているかもすぐに監視出来て、渋滞情報を知らせて回避ルートを知らせたり、急な依頼を受けた時もすぐに近くの車両を配車できるので業務の効率化も出来ます。配送するときの計画も共有出来て作成・送信も簡単に行えるので効率よく配送が可能なのも魅力で、全ての営業所がネットワーク接続されるため営業所間で車両状況も把握出来て便利です。空いている車を忙しいところへサポートで回せば無駄な空き車も減らせ、業務もよりスムーズに進められます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です