Skip to content

クラウド型デジタコはこんなに便利

事業用車両の運行記録などを記録するタコグラフですが、これはどんどん進化してきています。ひと昔前までは紙のシートに情報を記録するアナログ式のタコグラフが使われていましたが、現在はデジタル式のタコグラフが普及してきました。そして最近ではクラウド型のデジタルタコグラフが登場してきています。クラウド型デジタコのメリットは様々ありますが、まず情報の記録媒体が不要になったということがあげられます。

従来のデジタコは、メモリーカードに情報を記録していて、帰社後にそのメモリーカードから情報を吸い出して管理する必要がありました。クラウド型デジタコでは、情報はクラウド上にすぐにアップされるので、帰社後にメモリーカードから情報を吸い出したりする必要はありません。運行情報がクラウド上に即座にアップロードされるということは、リアルタイムでの運行管理が可能になるということを意味しています。ドライバーが危険な運転をしていたりすれば、ネットワークを介して即座に注意をしたりすることも不可能ではありません。

またGPS機能が搭載されているデジタコも多いので、リアルタイムで車両の位置を把握することもできます。配車管理などが格段にやりやすくなり、業務効率の向上につながります。データを自動で集計してさらに日報を自動作成してくれる機能もあるので、ドライバーは帰社後に日報を自力で作成する必要もありません。業務量を減らせるので、ドライバーのストレス軽減効果も期待できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です