Skip to content

デジタコもクラウドの時代

デジタコは自動車の速度・走行時間・走行距離などをデジタルデータとして記録するものです。デジタコをさらに便利でリーズナブルに活用するにはクラウドがおすすめです。現在、クラウドとしてさまざまなサービスが提供されていますが、デジタコを中心とした運行管理システムも各メーカーから数多くサービス提供されています。クラウドの場合、初期費用が低く抑えられるのが大きなメリットであると言えます。

サービスによっては初期費用が無料であることも珍しくありません。ただし、月額費用としてランニングコストがかかります。長期間利用を前提とする場合、月額費用がかかり続けるので、その点には注意が必要です。また、データを保存するためのサーバーを購入する必要がないところも良い点です。

サーバーはサービス提供側が用意するクラウドサーバーを利用することになります。このサーバーは技術力のあるスタッフが運用してくれ、必要に応じてメンテナンスも行ってくれます。サーバーのハードウェア障害やソフトウェアのバージョンアップ作業なども任せることができます。使用する機器の制限が少ないことも良い点としてあげられます。

インターネット接続できれば機器の制約はあまりないことが大半です。デスクトップパソコンはもちろん、ノートパソコン・タブレット・スマートフォンなどいろいろと使えます。各メーカーのサービスにはそれぞれの特徴があります。導入目的に合致した特徴をもつサービスを選ぶと失敗が少ないです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です