Skip to content

デジタコをクラウド利用することのメリット

トラックやタクシーなど、企業等が保有する営業車両にはタコグラフと呼ばれる記録計が取り付けられ、走行状況を記録・管理するのが一般的です。重量など一定の条件に該当する車両であれば、設置が法律によっても義務付けられています。このタコグラフにはチャート紙の上を直接ペンが走ってグラフを描くアナログ式と、デジタルデータをメモリーカードなどの記憶媒体に収録するデジタル式の2種類がありますが、近年ではメリットの多さから後者のデジタル式タコグラフ、通称デジタコの普及が進んでいます。デジタコの特徴は、その使いやすさにあります。

車両にセットするだけで速度の変化や走行時間などを自動的に記録するだけでなく、機種によってはドアの開閉回数やエンジンの回転数の変化なども記録することができます。記録されたデータをコンピュータで加工すれば、グラフなどによって運行状況が一目瞭然となります。また、デジタルデータは遠隔通信と相性が良いため、デジタコはクラウド化が容易だというメリットもあります。クラウド化されたデータはネットワークを通じて車外に送られ、リアルタイムで記録されます。

そのため、メモリーカードなどよりも大量のデータを取り扱えるうえ、そのデータを遠隔地にいながら瞬時に確認することも可能になります。このクラウド化と音声通信を組み合わせれば、危険運転などの兆候を見せたドライバーに対し、ただちに注意喚起を行ったりすることで安全運転への意識を高めることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です