Skip to content

デジタルタコグラフの導入をする上で大切なポイント

運送業界などに勤めているとタコグラフということは、毎日のように耳にするのではないでしょうか。最近はそのタコグラフの設置の義務化の範囲が広がったことによって、より重要なキーワードとなってきています。中型以上のトラック全てにタコグラフをしっかりと設置し、事故などが起こった時にその状況が正確に把握できるように国土交通省が定めてたのです。そうした導入は費用がかかってしまうという点で頭を悩ませる事業運営者も多いですが、しかしながら最近はかなり高機能のデジタルタコグラフも登場してきていることにより、上手く導入すればむしろ生産性をアップできると言ったことも期待できます。

機械に挿入して記録を取るタイプだけではなくて、今はデータとして記録を取りリアルタイムでドライバーの走行状況が発信されるシステムがあるデジタルタコグラフも誕生しているのです。どうしたものにしておけばいちいち日誌などに書き写す手間なども省けるようになりますし、クラウドなどと連携することによって、リアルタイムで状況が分かるため仕事の割り振りなども効率よく行えるようになります。デジタルタコグラフ導入費用に関しては1台あたり15万円程度が相場とされていますものの、上手に機能などを絞り込むことによって、アナタコとほとんど変わらない値段で導入することも不可能ではありませんので、よくその点についてインターネットなどを活用しチェックしておくことを忘れないようにしておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です