Skip to content

デジタルタコグラフをお得に導入するのがおすすめ

近年増え続ける事故の防止のために、国土交通省は中型以上のすべてのトラックにタコグラフを設置するように決めました。こうした決定は事業運営者にとっては導入費用などがかかる所から、頭を悩ませる決定ではありますが、現在はしっかりと適切なタコグラフを導入することによって、事業運営が効率的になり売上アップにつながるということも期待できるようになってきているのです。すなわち従来の円盤状の紙を機器に挿入して記録されていくアナタコではなくて、データとしてパソコン上に記録されていくデジタルタコグラフというものが、最近は大変進化してきているということが言えるのですまだ後この機能であれば、何しろデジタルタコグラフはいちいちデータを読み取る必要がないため、人ひとりぶんの人件費などが削減できるようにはなりますし、アナログタイプでは記録しきれなかった急発進急ブレーキなどといった情報まで記録されるようになるため、危険な運転をしているドライバーがいたら不適切にドライビングシートを行うことができるようにもなります。そうした形で燃費などの向上につながるということを、期待できるのです。

費用としては決して安くありませんが、長期的な視点でどういった機能が必要かということを考えてみて、最適なデジタルタコグラフを導入するように心掛けていきましょう。しっかりと適切な機能を選ぶことによって、大幅な売上アップも期待できることは間違いありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です