Skip to content

デジタルタコグラフは国が導入を強制!

運送業界では過労労働が問題となっていますが、国が規制しても会社側が対応していないため、国が会社側に対して強制的に労働環境を規制するために開発されたのが、デジタルタコグラフです。昔はアナログのタコグラフが使用されていたのですが、アナログのタコグラフの場合には、誰でも簡単に不正をしてごまかすことが出来るため、効果がありません。しかし、デジタルタコグラフの場合には最初から自動車に設置されているため、完全に強制的にタコグラフを使うことが可能です。運送業界ではトラックやタクシーやバスなどの業種によって異なりますが、1日の走行距離と労働時間が決まっており、業種によっては1ヶ月の労働時間と走行距離が決められている業種も存在します。

デジタルタコグラフを使用することでこれらの全てを強制的に管理することが可能であり、労働環境を監視することは従業員のみではなく、会社側を守ることにも繋がるでしょう。特にトラックは日本の血液とも言われているくらい大切な業種なので、トラック業界を守ると言うことは、日本全体を守ることにも繋がると言えます。万が一この国が定めた規制に違反した場合には、罰則がありますが罰則はドライバーのみではなくて会社側にも罰則が与えられるため、累計ポイントが一定数溜まると数台の車両停止処分となります。会社には必ず運行管理者が在籍していますが、違反行為が確認されると運行管理者の資格も剥奪になる可能性もあるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です