Skip to content

メーカー品と低価格路線のドライブレコーダーの考え方

煽り運転、嫌がらせ運転、交通事故や各種トラブルを記録するために注目されるようになったドライブレコーダーは、カー用品の中でも売り上げが伸びている商品として扱われています。各メーカーは独自の技術を駆使して、常に進化を続ける機種を発表していることも特徴的です。メーカー品は安心して利用でき、保証期間も長めなので故障を起こしても対応してもらえる特権がありますが、インターネットの通販サイトでは、低価格で提供できる国内メーカー以外のドライブレコーダーも多数販売しています。有名メーカー品と比較をすると、5分の1程度の料金で購入できる機種が多く、導入を検討している方の中には、この選択肢で迷ってしまうことも多いと推測できます。

お困りの際には、考え方を変えてみる方法もあり、有名メーカー品で4万円で購入することに対し、低価格の輸入品は6千円で購入できる現状では、購入後のドライブレコーダーの寿命等も検討する方法も良い考え方です。有名メーカー品を購入して8年間を利用できると考える一方で、6千円の機種を3年から4年程度で買い替えをする考え方もあり、意外と低価格路線のドライブレコーダーの方が先を見据えると便利な点がいくつもあります。ドライブレコーダーの現状として、新機種が出る度に以前は無かった便利機能やカメラ自体の性能のアップが見られます。高価な商品を8年間使う計算では最低でも4年目以降は完全に型落ちの古い機材になります。

対して低価格帯の商品では短い期間で買い替えを行っていく方法で、金銭的な負担も感じずに常に最新の機能を使えるメリットがあります。ドライブレコーダーのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です