Skip to content

ドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーは自動車に設置するカメラの事で、走行時の状況を映像で記録する事ができます。タクシーなどの業務用の車両には設置されるのが当たり前でしたが、自家用車にはあまり設置されていませんでした。しかし事故等が起きた時にその時の状況に関して主張が異なったり、相手を特定できない事がある事から状況を撮影して立証できる事から、業務用の車両だけでなく自家用車でも需要が高まりました。ドライブレコーダーを選ぶ時にまず決めるのは、どこを撮影するのかという事です。

前方だけというケースもあれば、後方も撮影できるようにする事もできます。さらに360度に対応しているカメラもあります。撮影できる場所が増えるほどに基本的にコストが膨らみますが、撮影する角度が多いほど死角がなくなります。画質もカメラによって違っていて少しでも画質の良いカメラの方が、より鮮明に撮影できるので事故の状況や相手の車両の情報を撮影しやすいです。

ドライブレコーダーは電源供給が必要になりますが、ソケットから電源を取るタイプとバッテリーから取るタイプの二つがあります。ソケットからの場合は取り付け作業は必要ありませんし、簡単に取り外されるメリットがあります。ただしカメラからソケットまでコードが伸びるので、見た目は良いとは言えません。バッテリーから取るタイプだと取り付け作業が必要になるので簡単に取り外せませんが、車内にコードが出ないので見た目も良いです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です