Skip to content

ドライブレコーダーは前後に対応する商品が人気です

危険運転や交通事故、運転中の様々なトラブルを経験する方は多く、現在では証拠の保全として役に立つドライブレコーダーの普及が進んでいます。以前から有名メーカーから販売されてきたカー用品になりますが、販売された当初はフロントに付ける前方用のカメラが一般的でした。現在では煽り運転や追突事故の問題もあることにより、リアカメラとセット販売している商品が人気です。メーカーにより違いはありますが、撮影可能な範囲や角度を広めにしている機種や、夜間でも視認性に優れたカメラを採用している機種、LEDライトにも問題なく対応している機種がメインとなります。

ドライブレコーダーは証拠保全のためには、綺麗な映像でなければ意味がありません。例えば性能の低い機種の場合は、前方を走行する車両、後方を走行する車両のナンバープレートの確認ができない場合もあるので、この問題はデジタルカメラ同様に画素数を確認してから購入することで問題をクリアできます。多くの機種で採用をしているドライブレコーダーの映像記録はSDカードを本体に差し込むことで記録を残せます。運転時間が長くなると、当然ながらSDカードの容量を超えてしまいますが、殆どの機種で自動的に上書きを行っているのでストレスに感じることはありません。

上書きは非常に便利な機能ですが、イベント録画機能を持つドライブレコーダーも今では一般的になり、この機能はアクシデントの発生時に本体のボタンを押すことでその前後の記録は上書きされずに残せるので非常に便利に使えるカー用品です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です