Skip to content

自働車に詳しくない方がドライブレコーダーの設置方法

ドライブレコーダーをマイカーに設置したくても、自身では自動車の電装品の知識がなく、自主的に取り付けを行えない場合では、2つの選択肢があります。購入したものを自動車ディーラーに持ち込んで取り付けを行ってもらう方法と、カー用品店で取り付けてもらう方法です。どちらも完璧性を実現する綺麗な取り付けを行えますが、推奨できるお店はカー用品店の方が何かと便利です。多くのドライブレコーダーはシガーソケットから電源を確保する方法になるので、既にソケットを使っている場合や、他の用途のために残しておきたいと考えた場合、増設用のソケットがあるので問題にはなりません。

この事例ではカー用品店では、店舗内に増設ソケットを豊富に扱っているので、その場で購入して設置を依頼することができる便利さがあります。小型車の場合では前後に2つのドライブレコーダーのセットで購入をしても、ケーブルが届かないということはほぼあり得ません。ところが、大型のワンボックス車などに乗っている方は、リアカメラのケーブルが届かないという可能性も出てしまいます。ディーラーに依頼をすると延長用のケーブルや、接続端子を用意することに時間が掛かりますが、カー用品店ではソケットと同様に商品として陳列しているケーブルや端子が揃っているので、その場で直ぐに問題解決できるメリットがあります。

購入に際しては、初めからカー用品店で購入するのであれば、取り付け作業もそのまま依頼できますが、持ち込みの機種に対しては工賃が高くなるお店も存在しているので、事前に確認することは必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です