Skip to content

義務化を利用してデジタルタコグラフを設置しよう

基本的に、トラックなどの重量級の自動車にはタコグラフの設置が義務付けられています。これは、タコグラフを設置することによって、会社とドライバーの安全性を保証できるようになるからです。例えば、長期運転をしなくてはいけないようなとき、休憩などを取らずにそのまま運転を継続すると大きな事故に繋がる可能性もあります。こういったことを、未然に防ぐことができるのがタコグラフのメリットです。

そして、こういったタコグラフをさらに改良したものがデジタルタコグラフと呼ばれるものです。デジタルタコグラフは、GPSによる位置情報を特定したり、エンジンの回転数の変化なども記録することができる非常に優れた製品です。ドアの開閉などもわかるようになっていますので、より詳細にドライバーの運転状況を記録できる魅力があります。デジタルタコグラフを管理する事業者は、これをデータとして蓄積することができますので、専属のドライバーに対してより安全に運転指導を行うことができるようになります。

特に、データに基づいた客観的な指導ができるため説得力があります。アナログ式のタコグラフでは、こういった業務の効率化は難しい側面がありました。日報を手書きで書かなくてはいけないこともあり、時間がかかってしまったりデータそのものの管理が容易ではなかった背景があります。この点、デジタコは運行データを自動で保存できますので非常に楽であり、コストもかからないです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です