Skip to content

優れた機能を搭載するデジタコ

デジタコは運行記録計のことで事業用トラックによる、長距離輸送時での事故が多発している問題に関係があります。国土交通省が事業者に対して運行管理の徹底を求めるために2017年平成29年4月から、車両総重量が7トン以上あるいは最大積載量が4トン以上の事業用トラックにデジタコの搭載が義務化された法令です。トラック運転時の走行スピードなどの変化をグラフ化することが役割です。搭載することでトラックの運行状況が適正な管理状況が分かり、運転手の健康管理と安全性の確保やさらには業務効率化を実現するために役立つといえます。

そのため運行管理面において記録されたデータはとても重要なものといえます。使い方はトラックにメモリーカードを差し込むだけのためとても簡単です。差し込んだ後運行状況を自動的に記録しスマートフォンとデジタコが連携し、速度超過と連続運転時にはアラートで知らせてくれる機能のものもあります。パソコンに運転手が帰社後にデジタコのメモリーカードを差し込むだけで、データを自動的に作成するため運行管理者にとっても様々な手間が省けます。

今までのアナタコと違い解析時の専門知識が必要がありません。エンジンの回転数の変動と今現在の位置情報を、GPSでチェック可能な機能が搭載されています。他にも急加速と急減速やドアの開閉状況などデジタコならではの機能を多く搭載しており、記録されたデータを活用して後々他部署への水平展開もしやすいという特徴があります。デジタコのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です