Skip to content

デジタコを用いた運転管理について

私達は移動する際に自動車を用います。自動車があることで様々なところに移動を行うことができます。このように自動車を用いることにより、私達の生活は広がってくる訳です。ここで述べた自動車というのは、個人で使用する自動車のことですが、私たちの住む世界では業務用の自動車というものも多く存在します。

業務用の自動車としてよく知られているものに、バスやトラックなどがあります。これら業務用の自動車というのは、決められた所を決められた速度で走るということが大切になってきます。なぜなら、業務用の自動車というのは品物や人を乗せるということが大切なことであって、その際にその品物が壊れたり乗客が怪我を負うようなことはあってはいけないからです。そのため、その運行については規則により決められています。

このような業務用の自動車などに搭載され、その運行の状況を記録するものにタコメーターというものがあります。タコメーターには、先程述べたような車の運行状況に関するものが記録されます。そのことで運転手がきちんと規則通りの運転をしたかということが分かる訳です。以前はこのタコメーターもアナログ式のもので、速度と時間というのが主な記録の項目でした。

最近ではデジタルタコグラフというものができてきて、省略して、デジタコと呼ばれます。このデジタコには、先程述べた車の速度と時間だけでなく、位置や発進の様子などそのような細かいことまで記録できるようになります。GPSなどを使って位置なども把握できるようになっています。デジタコの普及により、運転手の運転状況はより詳細にわかってくるようになりました。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です