Skip to content

デジタコを使って業務を効率化

デジタコとはデジタルタコメーターの略称で、車両の運行状態を記録するものです。タコメーターがあるとどこをどのタイミングで走行して、走行時のスピードが何キロだったかも把握できます。これが分かればバス会社や運送会社など事業者が、ドライバーの運行状況を把握できるので業務の改善に役立てます。例えば遠回りするような経路を走るのが常態化していたり、事故の多発地点を選択していたりする場合は事業主が走行経路を改善するなどの対策が施せます。

またドライバーの走行速度も把握できるので、安全運転に対する意識も把握できます。自己申告で運行状況を把握しようしても、ドライバー自身のバイアスがかかった報告を受ける事になります。それだと事業者側は客観的な材料をもとに業務改善や指導をできないので、客観的なデータが取れるデジタコは有意義なデーター収集ができます。タコメーターにはアナログのものもありますが、デジタルのものの方が使い勝手が良いです。

アナログの方は記録媒体も紙なので、解析するのが大変です。一方でデジタコならば記録媒体がメモリーになるので、記録保存もしやすいですし、解析もやり易くて使い勝手が良いです。デジタコの中には記録媒体がクラウド上にあって、記録をクラウド上から確認できるものもあります。クラウド型を使えばそれ以外と比べてデータ保存が簡単ですし、より大量のデータを保管できます。

また作為的なデータ消去も行えないので、事業者はしっかりデータを保存できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です