Skip to content

運行管理にデジタコを導入する

タコグラフというものは車両の速度や移動距離を記録するためのもので車両を運行する時の記録管理をするために使われているもので、主に大型トラックや旅客運送を行う車両に取り付けられているものです。現代ではその取付義務の範囲が拡大し様々な車両にも取り付けられるようになっており、特にタコグラフをデジタル化したデジタコは運行管理にも広く使われるようになっています。デジタコのメリットは情報がデジタルデータとして記録されるので、データ解析が不要ですしまたリアルタイムでも発信することができるのでその車両の位置や走行状況などを簡単に知ることが可能です。データ通信をするような場合には費用がかかりますが、それでも車両との連絡を行うシステムがあればそれほど高いコストになるものではありません。

デジタコを導入するメリットとしては、その車両の運行状況を知ることができるということでまたドライブレコーダーと組み合わせることによりトラブルが発生した場合の原因究明にも役立てることができるほか、事故となった場合の処理も容易にすることが可能です。デメリットとしては導入するためには費用がかかるという点で、また円滑に運用しなければ十分な費用対効果を得ることができません。一方で、デジタコを導入することによって運行状況の報告がそれまでのアナログ式と比べて容易になるという点から運行管理にそれまでかかっていた事務処理が大幅に軽減でき特にドライバーの負担が減ります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です