Skip to content

デジタコを使用するメリット

デジタコはデジタル式のタコグラフの事です。タコグラフとは車両の運行時間や速度をグラフ化して、車両の運行状況を把握するための計器の事です。1960年前後から日本国内でも使われ始めて、主に業務用の大型、中型車に使われてきました。タコグラフはデジタルが進んで、多くの車両のタコグラフがデジタル化されていきました。

アナログの場合だとチャート紙に走行距離や速度や時間を記録するというもので、それをもとに運行状況を確認する事になりますが、チャート紙に線だけが記録されるので運行履歴を解析するのは難しく、慣れている人でないと正確に把握する事が難しいです。これがデジタル化したタコメーターになると紙に記録するのではなく、メモリーカードなどに記録する事になります。そのため運行記録の解析がしやすくて運行状況が把握しやすいです。記録を保存するという意味でも、記録する媒体がメモリーに変わる事で、長期の保存に適しています。

デジタコは導入するのも保存して利用するのも、コストや手間がかかります。それでも導入するメリットは多くあります。加速や減速や位置情報などを正確に把握できるので、ドライバーに対して適切な指導やアドバイスができます。またデータを取得して業務の無駄を発見できれば、業務の効率化にも繋げられます。

特にアナログからデジタコに変更する事で、誰でも扱えます。さらにデジタコをつける事でドライバーの運転に対する意識が高まります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です