Skip to content

デジタコの利点について

デジタコとは、デジタルタコグラフの略称であり、主にトラックに搭載される運行記録用計器(タコグラフ)のことです。運行記録用計器は現在、「貨物自動車運送事業輸送安全規則」によって国から「車両総重量が7トン以上又は最大積載量が4トン以上の普通自動車である事業用自動車」に対して装着が義務付けられています。デジタコは、その内デジタル式のものを指します。タコグラフを装着する意義は、交通事故の防止です。

日々記録された情報を分析することで、より安全な運転に役立ちます。かつてはアナログ式のものしかなかったタコグラフですが、近年はデジタコが広く普及してきています。というのも、デジタコには、アナログ式にはない利点があるからです。利点の一つは、より多くの情報を収集できるということです。

「GPS位置情報」や「エンジン回転数」といった情報は、アナログでは記録が難しく、それでいて事故の防止に重要な情報といえます。また、記録された情報の分析が容易だという利点もあります。アナログ式の情報はチャート紙に記録され、これを読むには専門的な知識が必要です。一方デジタル情報ならば、それほど高度な知識は必要とされません。

そして、運行記録を正確に収集されているという事実は、ドライバーの意識にも影響を与えることがあります。導入以降、急ブレーキや急発進、アイドリングに今までにもまして注意を払うようになったというドライバーは少なくありません。以上のように、デジタコは多くの利点を有しています。運行記録のより効率的な収集および分析は、安全な運行に必要不可欠のものとなっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です