Skip to content

デジタコにより変わる運転管理

私たちの社会には、業務用の自動車がたくさん存在します。特にコンビニストアーなどでは、業務用の自動車であるトラックの存在は欠かせません。コンビニエンスストアの営業方針というのは、店内には在庫スペースを持たずに本部から足りなかった部分を持ってくるというようなシステムで運用されるからです。そのことによって店の面積の多くの部分を売り場にできるからです。

もしトラックによる綿密な商品の運搬がなければ、コンビニエンスストアの品物はたちまちなくなってしまいます。このことは、震災などで交通網が麻痺した時、コンビニの品物が無くなったということでよく皆さんもご存知です。このように業務用の自動車というのは状況に合わせて、綿密に計画されたように動かなければなりません。したがって、その時の様子というのをきちんと記録することが大変大切になってくる訳です。

その様なトラックなどの業務用の自動車の運行状況を記録するのがタコグラフです。タコグラフにより、トラックがどのような速度でどのくらいの時間走ったかなどということがわかります。以前は、このタググラフもアナログ式のものが主流でした。記録されている情報も速度と時間だけです。

トラックが、どのくらいの速度でどのくらい走ったかというようなことが記憶されていた訳です。最近の科学技術の進歩で、このタコグラフもデジタル版が出てきました。デジタコと呼ばれるこの装置は、先程述べたような情報以外にも様々なものが記録されています。デジタコには、速度の具合や位置なども記録されていますし、さらに運転手がドアから出たかなどという事についても記録可能となっています。

デジタコの普及により、さまざまな運転管理が精密に行われるようになってきました。このような事から、運転手の健康管理についてもデジタコが用いられています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です